膝の痛み 

2017年02月21日(火)1:46 AM
膝の痛みの関わる障害

膝の動きに異常が発生する障害、病気   特徴的な症状




半月板損傷
膝に引っかかったような感じ、曲げ伸ばしができない 力が入らない 腫れている

・変形性膝関節症
中高年の膝の痛みで一番多い 動かし始めに痛みが出る 膝の動きの制限 
・内側、外側靭帯損傷


・関節ねずみ   

突然の膝の曲げ伸ばしげ出来なくなり、激しい激痛  何か詰まっている感じ

・関節水腫    

膝の腫れ、だるさ  膝を上から押したときにブヨブヨと浮いている感じ 膝のぐらつきや、動きにくい感じ

・離断性骨軟骨炎

膝が一定以上に伸ばせない  安静時は痛くないが、動かしたら痛い 何か挟まっている感じ

タナ障害
膝の曲げ伸ばしの繰り返しでタナの骨のでっぱりとこすれあうことにより起こる。

10~20歳代に多く女性が多い スポーツ時に膝の皿の内側に痛みや、引っ掛かり感がある。

膝蓋軟骨軟化症
膝蓋骨の裏側の軟骨が、大腿骨とこすれてすり減り、炎症を起こしたもの。軟骨の軟化、亀裂などを生ずる。マラソン,ジャンプ競技に多い。
膝を動かすときに膝の皿周辺に痛みを感じ、ゴリゴリと音がする時がある。
・膝蓋大腿関節症
膝の皿の上部に痛みを感じる

膝の腫れや、こわばり

軟骨骨腫
骨の表面上にできる良性腫瘍
膝周辺に骨のように硬い腫れた感じのこぶができます。10歳代の若者に多い。

・色素性絨毛結節性滑膜炎
ズキズキと鈍い痛み 引っかかる感じで、曲げ伸ばしに制限がある

・大腿骨壊死
引きずって歩く 中高年に多い  膝を動かしたときに痛い

・シャルコー結節
脊髄の神経に障害が起こり、下半身の感覚が鈍り、痛みなどの感覚を感じにくくなる。
関節の腫れ 膝の不安定感 水がたまる あまり痛みを感じない

・結核性関節炎

結核菌が関節内に入り込み炎症が起こる
水がたまる こわばり感 全身のだるさ 発熱  体重減少 風邪に似た症状

・滑膜骨軟骨腫症
原因不明
突然の痛み 水がたまる

・血友病
生まれつきの病気
出血しやすく、止まりにくい

膝に関する一般的な整形、整骨院の膝に対する治療

多くの場合膝周辺の局所に対して、痛み止め、電気治療、マッサージ、ストレッチ、温熱療法、サポーター、テーピングをされるところが9割です。

ハーリー治療院のひざ痛に関する考え方、施術方法
膝の痛みに対しては膝だけがが悪いとは考えていません。「膝に負担がかかっている」と考えています。膝に負担がかかる体バランスになった結果として膝に痛みが出ています。全身バランスが変わるように頸部、背中、腰部、下肢全体の流れが良くなるように、膝に負担をかけている箇所の本来持っている力を改善できれば膝が痛くない環境ができていきます。

骨の異常、腫瘍、遺伝的要因の膝に対しては整形外科の受診をおすすめいたします。

 


  |